\ 「憧れのクーファン」おすすめ3選ご紹介中! /

ハイローチェアとバウンサー買うならどっち? 両方使っておすすめするのは?

子育てアイテム

※ 本ページはプロモーションが含まれています。

ハイローチェアとバウンサーは、赤ちゃん期に「必須」のアイテムではありませんが、あったらとっても便利で助かるアイテムです。

我が家には両方がありました。気になるのは「どちらが実際使って見て、より重宝したか?」ということです。

結論として、我が家の場合は
「ハイローチェア」に軍配があがります。

なぜか?という理由をお伝えします。

2つの違いはなにか?

ハイローチェアとバウンサーは似たアイテムですが、作られた目的が違います。

ハイローチェアとは

ハイローチェアとは、赤ちゃんを寝かつけることができ、高さを変えられるスイングベッドです。また、背もたれを立てると椅子にもなるので、ベビーチェアの役割も果たします

高さが変えられて(ハイ&ロー)チェアにもなるので名前がハイローチェアですね!

ハイローチェアの使用期間はコンビの商品ページでは新生児〜4歳くらいまで、と書かれていますが、我が家が使用したのはチェアとして窮屈になってくる1歳頃まででした。

ちなみに我が子は少し大きめサイズです!

バウンサーとは

バウンサーは、赤ちゃんをあやすためのゆりかごのようなベビー用品です。
赤ちゃんを乗せて、ゆらゆら揺らしたり、赤ちゃんが自分で揺らすことができます。

使える時期は、メーカーの対象月齢を見ると首すわり前1か月(3.5㎏)から2歳頃(13Kg)まで使用できると記載されています。メーカーで若干違いはありますが概ねこの時期を対象としています。

ただ実際には、寝返りをしだす5-6ヶ月くらいになるまでしか使わない方が多いようです。

ハイローチェア  赤ちゃんを寝かしつけるベッド&ベビーチェア
バウンサー  赤ちゃんが楽しむ遊び道具

という目的で作られています。

共通するメリット

ハイローチェアとバウンサーには共通のメリットがあります。

・簡単に移動できるので家中いろんな場所で使える
・ベビーチェアとしても活躍
(※ バウンサーはタイプによる)

ハイローチェアーもバウンサーも赤ちゃんの日中の居場所として、家のいろんな場所で使用することができます。

リビングで家族と時間を過ごしたり、キッチンのそばでママの顔を見ながら過ごしたり、お風呂上がりに洗面所でベビーベッドの代わりに利用したり、、、

ずっと抱っこやおんぶをしていられないママやパパのそばで、ゆらゆらと揺れたり、ぶら下がっているおもちゃで遊んだり。赤ちゃんが快適に過ごす場所、を作ってくれます。

なぜハイローチェアーの方が役に立ったのか?

では、我が家でハイローチェアの方をより重宝した理由は何なのか?その大きなポイントは

「高さが高いこと」

です。

なぜ「高い」と良いのでしょうか?

家事との関係性

そのご家庭の生活スタイルにもよると思いますが、我が家のリビングはフローリングの洋間で、ダイニングテーブルセットと、低い椅子が数脚あります。そしてオープンキッチンと繋がっています。

日中、家事を行う場所、つまり私がいる場所はほとんどリビングとキッチンです。

家事の最中、私の目が届くところで赤ちゃんを寝かせておく場所、として利用していたのが、ハイローチェアです。

キッチンやリビングのような場所では、床に近い位置に寝ていてもらうよりも、高い位置の方が見やすいですし、ホコリの影響も受けません。

また、家族が食事をしている時、ダイニングテーブルのすぐ横に置いて、赤ちゃんの顔を見ながら、ご飯を食べることができます。

「家事をしているのママのそばにいる」という点で、「高さ」はとても重要なポイントです。

アップリカのユラリズムは代表的なハイローチェアです!

下記のイラストのように一日中活躍するスーパーアイテムだと私は思っています!

赤ちゃんと遊ぶ、お世話する際の体勢

もうひとつ「高さ」の良さを感じたのは、楽な体勢で赤ちゃんをあやせる、お世話できることでした。

祖父母が遊びに来てくれた時も同様で、年齢を重ねてくると、床に座るのもだんだん億劫になってきます。

ハイローチェアだと、椅子に座りながら、ゆらゆらと揺らして赤ちゃんをあやすのにちょうど良い高さで、遊びにきてれる祖父母にも好評でした。

また、キャスター付きで移動も簡単にできるので、お風呂の側にハイローチェアを置き、バスタオルをかけておき、お風呂から上がった時に赤ちゃんを乗せて、立ったままの状態でお世話ができることも、とても重宝しました。

バウンサーでも赤ちゃんをあやしたり、部屋の中を移動させることは可能なのですが、「高さ」のあるハイローチェアは、乳児期の赤ちゃん育児を楽にしてくれる便利アイテムとして、とても役にたちました。

ハイローチェアのデメリット

ハイローチェアのデメリットとしては

・価格が高い
・赤ちゃんによっては嫌がり寝てくれない子もいる

・使える期間は短い

という点があります。我が家にとって超便利アイテムであったハイローチェアですが、バウンサーと比べてお値段が高いです。

赤ちゃんとの相性という点ではバウンサーも同じですが、1年ちょっとしか使わないのに、そんなにお金はかけられない!という方もいるかと思います。

ただ、電動でなければ、2万円程度で購入することも可能です。また、高機能なハイローチェアをレンタルするという選択肢もあります。

新生児育児で、しかも初めての育児の場合、わからないことだらけで猫の手も借りたい毎日になります。そんな時新生児育児にとても役に立つ、ハイローチェアは「あって損はないもの」だと思います。

我が家でどのように活躍したか、詳しくは下記の記事でご紹介しています!

まとめ

乳児期で我が家では不可欠の育児アイテムとなったハイローチェアは、その「高さ」が魅力です。

もしバウンサーと悩まれている、、、という場合、私はハイローチェアをお勧めします。

ただ、家が和室が多かったり、よりコンパクトなバウンサーを好まれる方もいると思いますので、皆さんの生活スタイルに合わせて選んでみてください!

ハイローチェア、バウンサーについて詳しい内容は下記でもご紹介しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。少しでもお役に立てると嬉しいです。

この記事を書いた人
moana

子育て真っ只中の現役インテリアデザイナーです。右往左往しながら毎日を過ごしていますが、少しでも快適で素敵に暮らせるインテリアのアイディアや子育てグッズを、日々探索しています。

moanaをフォローする
子育てアイテム
moanaをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました